JPA国際コンサルタンツ

事業内容

  1. MAS監査・MP5ヶ年計画、単年度計画指導

  2. 中小企業の創業から株式公開の支援

  3. いきいきライフプラン作成支援

  4. 事業継承相続対策と後継者の育成指導

  5. 海外進出・国際投資支援

  6. 企業IT化支援

  7. 創業者・起業家のビジネス教育

  8. 職業会計人(税理士・会計士)の事務所経営指導

  9. M&A(組織再編、事業継承)コンサルティング

  10. 医療法人・病医院経営クリニック開業アドバイス

  11. 社会福祉法人・NPO法人等の活性化支援

  12. 各種営業セミナー・大学、大学院サテライト教室の講義支援

経営計画とは・・・

経営計画とは経営理念や目標、長期ビジョンなどを実際にどのように事業に反映させていくかを表したものです。

まず経営理念を達成するための長期計画を立て、それを数年間のスパンにおける中期計画、一年後との短期計画というように細分化していきます。

また、生産、販売、経理といった部門別の計画が立てられることが多く、経営計画は経営理念を達成すべき経営戦略と、それを実施した結果を数字で裏付ける予算統制が必要となります。

1)経営ビジョンを明確にする

3年から5年後、自分の会社はどうなっていたいか、どうあるべきなのか具体的なイメージすることが大切です。この変化の激しい、先の予測できない現在ではありますが、願望に近いものになったとしても、ビジョンがなくては進む方向が定まりません。業界シェア、収益力、会社規模、会社の社風、財務力、地位、報酬、地域社会への貢献などを網羅した具体的イメージを持ちましょう。

2)現状と経営ビジョンのギャップを把握する

具体的にイメージした3年、5年後のあなたの会社はどのような状況でしょうか。現状とのギャップをしっかり把握しましょう。まずは現状の環境・能力分析です。現状分析は会社の内外の状況を客観的に分析することにより、会社の強み・弱みを把握することですが大切です。

3)経営戦略を考える

正確にギャップを把握したら、このギャップを埋めるまでのストーリーを考えます。それが経営戦略です。経営戦略のない経営ビジョンは、具体的な手段を持たないため何の意味もありません。経営戦略では、具体的にそのギャップを埋めるための手段・方法つまり経営戦略を立案します。

  • 経営計画立案セミナー(中期5ヵ年)のご案内はこちら

経営計画立案セミナー(中期5ヵ年) 参加者の声

情報開発業 M社長

中期計画は今まで作成していなかったので、自身で作成したことで会計面、経営面ともに今まで以上に考えさせられる所が多かった。今後の方針や目標についても幹部と検討する。

機械製造業 Y社長

全社的な問題点と、改善点がクリアーになり、全社状況を数字で把握でき、会社を良い方向へと運営できるように考えられ、やる気が持てました。今後も適切なご指導をお願いします。

観光・サービス A社長

中期にわたって計画を作成出来たことは、大変意味深いものでした。日頃の業務に追われ、先まで考えが及びませんでしたが、これが実行できるかが重要なところになりますので、計画を達成するための努力をしていきたい。

参加者の声
採用情報

無料税務相談室 常設
電話 03-3295-8477

お気軽にご相談下さい!

人材ドラフト

会計業界専門求人

「人材ドラフト」  

掲載中!!

リクナビダイレクト

新卒・第2新卒採用

「リクナビダイレクト」

掲載中!!